リフォームの必要性

リフォームは新築住宅の状態から10年おきぐらいにする必要があると言われています。特に外壁は、一年中、太陽の光や雨や風にさらされるため、どうしても痛みが激しくなってしまうからです。 では、リフォームをする場合、事前に準備をしておきたいことはどんなことでしょうか。まずは、リフォームの理想のカタチをある程度は決めておきましょう。これは夫婦で話し合う必要があります。話合いをせずに一方的に決めたことは、どうしてももう片方から不満が出ることがあり、夫婦不仲の原因になるからです。じっくりと話し合いの場を設けてリフォームのカタチを明確にしていきましょう。できるだけ客観的に認識できるようにイメージを紙に書くのが良いのです。

夫婦で話し合ってある程度リフォームのカタチが決まったら、次にリフォームのイメージを膨らませるためにモデルルームを見学に行ってもいいかもしれません。モデルルームは工務店が所有していることはあまりありませんが、ハウスメーカーであれば所有している会社も多いです。 ただし注意点があり、ハウスメーカーが用意したモデルルームはそのハウスメーカーのイメージを決めてしまいます。つまり、モデルルームで安っぽいものはなく、フルオプション装備のところも多いのです。モデルルーム通りに設計をイメージしてしまうと、かなりのお金がかかってしまい、新築を買ったほうが安いこともあります。 ですので、しっかりと妥協点を決めて取り入れるものとそうでないものの優先順位は付けておくべきです。

ページのトップへ戻る